クロスドック共配物流

プレカット部材のクロスドックによる共配物流

crpss_flo
OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMGP0128 IMGP0138

背景と目的

・近年、一般木造住宅の施工において、職人不足や工期短縮の流れからプレカット材の需要が年々大きくなっております。また、特に東北の沿岸部においては、今後更に震災による本格需要が相当期待され、車両の確保が大きな課題となっております。背景には、物流会社におけるドライバー不足は深刻な状況となっており、特に小型移動クレーン車の不足は大きな課題です。

前述の状況におきまして、弊社では大手・中堅プレカットメーカー様とのタイアップにより、クロスドッキング方式によるピストン輸送で大きな実績と信頼を頂いており、今後更に業務拡大を行い顧客様の需要と地域の貢献に努めて参る所存です。

今日までの課題

・プレカット業界は日の良い日に上棟が一般的風習で日々の波動が極端に大きい。⇒大安吉日にオーダーが集中。

・工期の進捗や天候などにより直前の変更が多い。⇒現場主義で大工さんや監督さんの意向が根強く言うがままが慣習。

・一例として、朝一の同じ時間指定で、3台~5台などの配車指示がある。⇒車が集中し待機を強いて非効率でコンプライアンスにも抵触。

※上記の悪しき慣習の殻を破り、新システムの構築により車両の確保を容易になり、また、物流会社としても効率配送が可能となりWIN WINとなる。

当社の配送の現状と効果

・エンドユーザーやビルダー様のご理解をいただき、起点から100km以内であれば、先に必要な部材を1便目に他は2便目にピストン輸送を行うスキームのシステム化を業界に先立って構築。

・車格は3tクレーン車(3.6mボディー)~3.5tクレーン(4.3mボディー)と4tクレーン車(標準ボディー)、7tクレーン車(5.5mボディー)まで、プレカット(建材)専用車を10台以上保有し、いかなる現場にも対応出来る体制を布いております。

・現在、大手・中堅プレカットメーカー様及び建材卸メーカー様数社からご愛顧を頂き、今後もプレカット(建材)専門物流会社として、地域のパイオニアを目指し更に拡大を進めて参ります。

尚、懸念される守秘義務につきましては完全にTCを弊社4拠点にて分離振り分け、ご満足いただいております。

以上、プレカット部材及び建材関連の輸送につきまして、是とも当社へご用命頂けますようよろしくお願い申し上げます。